冷めた焼きそばは笑って食う

君が思う「トルネード」と、一般的に思う「娘」は、もしかするとまったく違うものかもしれない。そうやって思うと、なんだか面白いね。

サイトコンテンツ

雹が降った月曜の日没は窓から

さやかちゃんは見た感じだけではおっとりしているように見られるらしいけど、かなりアクティブな女友達。
夫と、2歳のけんちゃんと、一家で、パン屋さんの向かいの一軒家に住んでいる。
一般事務の仕事も育児も手際よく行い、多忙だけど、時間の使い方は上手。
ちょっとでも暇を見つけると、今日暇?と絶対電話を入れてくれる。
私は頻繁にホットケーキを持って、彼女の住まいに行く。

喜んで吠えるあいつと気の抜けたコーラ
ある気難しい内容の仕事がやってきたとき「大丈夫だろう」などと思っていた入所当時。
その時、自分を含むチームのみんなが、「過ぎればどうってことないよ」などとあっさりとらえていた。
見かねた教育専門の女性上司が、促したセリフが記憶に残っている。
「目標に向かって、充分に毎日を費やしたからこそ、終わってから成功しただけの話。
だから、みんなのように軽くとらえていて、たまたま内容が単純だったという意味ではありません。
過ぎればなんてことないといった言葉の裏にあるのは、その逆です。
事前にじゅうぶん学び準備をしたからこそ、能力が有り余って、事がスムーズに進んだと言う事実を言っています。
しっかりやる気になれましたか?
甘く見ないで頑張ってください。」
という事。
そして、みんな頑張って勉強しなんとか仕事をすることができた。

凍えそうな仏滅の早朝に読書を

住んでいた場所が違うと食生活が異なることを妻と暮らしだしてからめちゃめちゃ感じるようになった。
ミックスジュース作ろうかと妻から前に聞かれ、自分はあまり飲まないけど売っていたのかなと思ったら、作るのが普通みたいだ。
缶詰のモモやら他と氷をミキサーに入れて、市販の牛乳をさらに入れてミキサーでシェイクしてすぐに完成。
作ったものを味わい飲んだのは初体験だったが、めっちゃ好きだった。
美味だったし、くせになって、自分でも作り飲んでいる。

月が見える大安の夕暮れにひっそりと
時は金也というのは、見事な言葉で、ぼーっとしていると、本当にあっという間に自由な時間が無くなる。
もーっと、ささっと仕事も提出物も終了すれば、そのほかの作業に貴重な時間を回せるのに。
マッサージにいったり、散歩したり、料理にチャレンジしたり、文庫本を読んでみたり。
とのことで、ここ最近、しゃきしゃき終わらせようと気を張っているが、何週間続くのか。

風の強い仏滅の明け方は目を閉じて

仕事の関係で鹿児島に居住してみて、墓所に日々、草花をなさっている人が多いということに面食らった。
お歳をめしたの女の人は、いつも毎日、お墓に草花をなさっていないと、近辺の主婦の目が心配らしい。
日ごとに、献花をなさっているから、家計の中の切り花代もとてもばかにならないらしい。
いつも、近隣の老年期の女の人は墓所に集まって菊をあげながら、語らいもしていて、墓の暗い空気はなく、さながら、人の集まる広場みたいに明るい雰囲気だ。

のめり込んで体操する兄弟と公園の噴水
過去にものすごくデブだった時期に、どうしても欠かさなかったのがシュガートーストだ。
その上、夜ごはんの終わりに3枚くらい食べていた時期もあった。
さらに同じ時期に、ハッシュドポテトにまではまってしまい、巨大化の道へワープだった私。
頑張った痩せる方法がめちゃくちゃなものばかりだ。
例を挙げると、14日間スープダイエット。
これは2週間程同じレシピのスープしか口にしない食事だ。
外出先にも水筒に入れて持って行ったという徹底さ。
それに断念して、豆腐を夕飯に置き換えるという痩身法。
これらは、今はできない。
その後、3年ほどで栄養バランスを調えると、するすると元通りに。
とにかく地道にやるのが一番。

ゆったりと熱弁する君と冷めた夕飯

友達とお昼に待ち合わせをしていた。
福岡の恒例の大きめの広場。
待っていると、少しばかり遅くなると電話が入った。
この駅は合流スポットなので、待っている人も時間が来ると約束の相手が現れる。
iphoneでミュージックを聴きつつ、その様子を見ていた。
それでも退屈なので近所の喫茶店に入り、オレンジジュースを飲んでいた。
しばらくして、同級生がごめん!と言いつつやってきた。
お昼どこに行く?と聞くと、パスタがいいかもとの事。
ホットペッパーを見てみたけれど、良い感じの店を探しきれなかった。

湿気の多い土曜の夕暮れは座ったままで
普段、会社や家の中の事に手一杯で、ほとんど空いた時間が持てない。
少しのフリーがあっても、常に次やるべき仕事の納期など、何かしらの期限が頭にある。
そんなときに、大きな休みができると、非常に嬉しくなってしまう。
さて、久しぶりのオフを何に使おうかと。
結局毎回、あれしたい、これも、といった願望のみが募り、全部は達成できない。
そして私はマイペースなので、考えているうちに時は経過。
時は金なり、という言葉はまさに事実だと思う。

じめじめした月曜の日没に外へ

「間違いなくこうで当たり前だ!」と、自身の価値観だけで人を裁くのは悪くはないと思う。
けれど、世間にはジェンダーと言われるものが人間の周りに浮いている。
これらを知ると自信を持つのはGOODだけど、あまり否定するのはどうなんだろう?と思う。
当然、これも一意見でしかないけれど。
つらい世になる可能性のあるかもしれない。

熱中して大声を出す姉ちゃんとファミレス
ネットニュースを見るけれど、紙の媒体を読むことも好きだった。
今は、無料で閲覧できるネットニュースがたくさんあるから、新聞はお金がかかりもったいなくて購入しなくなった。
ただ、読み慣れていたから、新聞のほうが短い時間で多くの情報を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで調べやすいことはある。
一般的なニュースから関連した深いところまで見つけていきやすいけれど、受けなさそうな内容も新聞は小さくても記載しているので目に入るけれど、インターネットニュースの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカ合衆国のデフォルトになるかもというニュースがとても気になる。
債務不履行状態になるわけないと思うけれど、もしそうなったら、日本もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。